« 阪神優勝おめでとう! | トップページ | CDラック »

2005年9月30日 (金)

最近のCDから

今日は音楽の話。

最近の新譜CDから。

まずEric Claptonの「Back Home」

back_home基本的には4年前の「Reptile」の流れの中にある作品だと思います。同じくドイル・ブラムホールも参加してるし。軽い感じで聴けてしまいますが、聴くほどに味が出てくるようで、知らず知らずのうちにヘヴィー・ローテーションになっていました。昔のクラプトンが好きな人からは「ただのポップ歌手」とか「ブルース・ギタリストとしては終わっている」なんて言われたりもしてますが、僕は最近のクラプトンも好きですね。ギターにも、ブルース・ブレーカーズやクリームの頃のようなヒリヒリする切れ味はありませんが、楽曲として非常にバランスがとれていて、なおかつ「おっ、今のフレーズ!」てな感じで思わず聴き返してしまうギターソロもあります。このところのクラプトンはミュージシャン、ギタリストとしていいバランスで仕事ができていて、とても幸せそうな感じがします。ロバジョンのカバーをやったこともよかったのでしょうね。

SONOROTE次は山下達郎の「SONORITE」

やっぱりタツローはすごいです。詞・曲ともに優れているのは当然としても、全体的に非常に新しさが感じられます。タツロー氏いわく、今回はとにかくハードディスク・レコーディングとの戦いだったそうですが、見事に最新の技術をオーソドックスな楽曲の中に活かしきっていると思います。何よりも音が綺麗なのですが、ただ単に綺麗な音でレコーディングするだけじゃなくて、それぞれの曲に合わせて楽器や人の息遣いまでも使い分けているようです。ヘッドホンで聴くと、そのあたりの「意図」まで感じられて、思わずため息です。

最後にPaul McCartneyの「Chaos And Creation In The Back Yard」

chaos_and_creation_in_the_back_yardうーん。よく分かりません。随所にポールらしいメロディーはあるんですが、なんか暗くてあまり繰り返して聴く気になれないなあ。もともとバンド好きのポールとしては最近の気の合うバンド仲間とアルバムを作るつもりだったようですが、プロデューサーのナイジェル・ゴドリッチに反対されたそうです。この前のツアーのバンドがすごく良かっただけに、バンドでやれば良かったのになあ・・・。独りでほとんどの楽器を演奏してレコーディングをしているせいか、とても内省的な感じがします。「Paul McCartney 」や「Ram」といったソロの初期作品も家内工業的で内省的ですが、サウンド構成に隙間がある分だけ何だか突き抜けたような明るさもありました。でも、最近の緻密なレコーディングで内省的な音作りをされると、重たいなあ。

|
|

« 阪神優勝おめでとう! | トップページ | CDラック »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132412/6174475

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のCDから:

» Down Town へくりだそう [鳥肌音楽 Chicken Skin Music]
                                   街角は いつでも 人いきれ                         それでも陽気なこの街                        いつでも おめかししてるよ      ... [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 (金) 15時35分

« 阪神優勝おめでとう! | トップページ | CDラック »